もっと知りたい古物商資格

仕入れでも許可は必要

仕入れでも許可は必要 オークションで転売する商品を仕入れるときでも古物商の許可が必要になるので注意しましょう。店舗を経営するかどうかなどは関係なく、古物に該当するものを扱うときに必要になります。
警視庁の古物営業ページでは、古物商の許可が必要になるケースの例を挙げていますが、古物を買い取ってそのまま売る場合だけでなく、使える部品だけ取り出したり、手を加えた場合なども該当します。古物であっても、元々自分のものであったり、無料で譲り受けたものなどは許可は不要です。
この例を逆手にとって、自分で使うものとして仕入れたものを、結局使わなかったので販売したものだと説明できるので古物商の許可は不要であると主張する人もいますが、適切ではありません。この方法で販売している商品が数点であり、継続的なものでなければ、無許可であることが判明しても納得させられると考えられますが、オークションで継続的に多数の商品を販売しているのであれば、それが全て自分で使うものであったと説明して切り抜けるのは難しいです。安全に取引をするのであれば、必ず古物商の許可は取りましょう。

古物商のオークションの会場についての記事

古物商のオークションの会場についての記事 リサイクルのお店を経営している者同士が、在庫の品を売買する市場を古物市場といいます。
もう使い道がないだろう在庫を処分して片付けることが目的です。
一般的な中古品と比較したら、結構安くで手に入るので買う側としてはお得です。

また、古物市場は全国各地の会場にて開かれています。
ただ、古物商に携わっている人のみが参加できるため一般の人で知っている人は少ないです。
また一般の人は会場には入れません。古物商許可証が必要だからです。
また、参加条件が決められている場合もあるため、古物商であっても参加条件に満たない場合は参加することができません。

古物市場は、安全性も高く定期的に開かれています。そして、古物をたくさん購入することができます。
リサイクルのお店を経営している人にとって安全性が高く安い商品を買えることは嬉しいですね。

そして、古物市場はプロやベテランの参加率も非常に高いです。
そういった人達はオークション形式での落札にも慣れていると言えるでしょう。
またオークションではそれ相応の金額で落札する必要があります。

新着情報

◎2018/7/4

古物商許可申請のときの経歴書 の情報を更新しました。

◎2018/5/9

仕入れでも許可は必要 の情報を更新しました。

◎2018/3/6

学生でも許可をとれるの? の情報を更新しました。

◎2018/1/19

許可を早く取得する方法 の情報を更新しました。

◎2017/11/8

古物商許可の期間 の情報を更新しました。

◎2017/8/10

サイトを公開しました

「古物商 オークション」
に関連するツイート
Twitter